2008年 07月 24日
暑中お見舞い申し上げます
出来上がったものは常に力量不足で
まったく執着・愛着・頓着がないが
写真や絵や文章や、たまたまめぐってきたものを
本や印刷物などのカタチにする作業をしていると
光る時間の玉をもらうことがある。
手元にひきよせる、時間をかける、角度をかえて眺める考えるという
試行錯誤を繰り返す段階が、あたりまえながら必要で
これが早いうちに経験できていれば
わたしは学生生活をもっと豊かに送れたろうに
などと思うわけだ。
ああ、これ1冊、編集したかった・・(嘆息)と
「岡本太郎の遊ぶ心」(岡本敏子著/講談社)を閉じる。
夏バテにおすすめの1冊。

でも、この装幀は?? と首をひねっていたのだが
ネットで検索して納得。図書館で借りたからオビがなく
間抜けに白かったのだ。
b0001170_2042199.jpg

[PR]

by sasayakana04 | 2008-07-24 20:43


<< who designed fi...      鏡の国の招き猫の手は左手か右手か >>