2008年 02月 12日
音の方へ
b0001170_22343180.jpg


某寺本堂前の極寒野外コンサートにて、東儀秀樹を聴く。
最近は面白いことに、雲が流れるような、雪が降るような、
音楽の無い映画のような、カレイドスコープのような
抽象絵画のような、自然災害みたいな、同時多発テロみたいな(誤)
ちょっと形容しがたいんだけど「輪郭の無い音楽」を耳がさがしており
それとは違ったけれども、舞台が .....すごかったなぁ....。
開演にあわせるように雪が舞い始めたと思ったら、あっという間に吹雪。
あらためて気付く訳だけど、日本の舞台の紙吹雪って、
まさにアレがやりたいんでしょうね。
でも、どんなに狙おうが、お金をかけようが再現できないと思いますアレ。
人ごみで、ツレもないのに「ぅわ!すごいな」とか発声してたもの。
家に帰り着いたら、前髪とメガネに、ふりたての雪が積もってた。
[PR]

by sasayakana04 | 2008-02-12 22:37


<< 正規表現      メガネを作りに出かけた >>